帰宅部の補欠『気まぐれアニメファンが感想を綴る』の巻

観たアニメの感想を気まぐれに更新予定。完全に備忘録。文章力と語彙力はありません。

『Fate/Zreo』第6話感想(ネタバレあり)

皆様、おはようございます。こんにちは。こんばんは。

 

休みの日は自宅警備員をしているか1日遊びに出て行っているかの両極端。

お買い物して午後は家でゆっくり……とかはあまりありません。

流石に1日家から出ないと体がなまる感覚がありますが外出する理由がないと外に出ない……。

 

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

アイリが車で峠を爆走しているシーンのイニシャルDさながらのドライブテクニックで笑ってしまった。車を切嗣から貰ったおもちゃって言ってたけど免許は持っているのか……。

峠の爆走途中にキャスターに遭遇。キャスターはセイバーが聖処女ジャンヌダルクだと疑わず、いくらセイバーが「ジャンヌじゃない、真名はアルトリアでセイバーのクラスで現界した」と伝えてもまっっったく話が通じない。会話が成立しない相手は疲れる、とアイリ。意外と辛辣なアイリ。

ここでキャスターの真名がジル・ド・レェと明らかになった。

ジャンヌダルクと一緒にフランスの為に戦い、ジャンヌダルクが火刑に処された後は子どもの大量殺人を行ったとされる人物。だから龍之介との相性はある意味抜群なんだよね。一般市民からしたら最悪だけど。

 

一番印象に残ったシーンがセイバーとキャスターの邂逅だったけど、今回の回はド派手な戦いはなかったけど(ビルが爆破されましたが)、キャスターと龍之介の良い方でのすれ違い。ランサー陣営の三角関係。舞弥と綺礼の邂逅。綺礼とギルガメッシュの会話など今後の話の鍵となることが意外と多いな、と感じた。初見じゃ絶対スルーしてるな、私……。

 

 

 

 

 

 

『Fate/Zreo』第5話感想(ネタバレあり)

皆様、おはようございます。こんにちは。こんばんは。

 

最近は専らポケモンの孵化厳選にハマっています。

好きなポケモンは色違いでランクマッチをしたいです。

 

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

セイバー(アーサー王)とランサー(ディルムッド・オディナ)の戦いに乱入したライダー(イスカンダル)。

三つ巴の戦いになるかと思いきや「余の配下となって聖杯をささげよ」と提案。

イスカンダルは王様だがアーサー王も王様。断りと同時に戦いを止めたのは騎士への侮辱と非難。

切嗣の「あんな奴に世界は征服されかけたのか…」は少し笑ってしまった。

けど、飄々としているようでついていきたくなるような王様なんだよね……。

 

この時点でもかなり慌てているウェイバーに追い打ちをかけることが。

なんと、ランサーのマスターは学校の先生であるケイネスであることが判明。

血の気がだいぶ引いている感じのウェイバー。ケイネス宛の荷物(聖遺物)を勝手に盗んで聖杯戦争に参加してますから……。魔術師同士の戦争がどのようなものなのかを教えてやるとかなりおこなケイネス先生。

 

しかし!ここのイスカンダルがかっこいいことを言うのですよ!

本来のマスターがケイネスであったことを理解したイスカンダルは、

余のマスターは隠れている臆病者のマスターではなく戦場を一緒に駆け回れるマスターでなければならない、役者不足も甚だしいと。

とてもかっこいい!流石王様。流石英霊。

 

他にも英霊がいるだろ、とイスカンダル

ここで登場ギルガメッシュ。そしてバーサーカー

 

ここのギルガメッシュvsバーサーカーめちゃめちゃかっこいいんですよ。作画も良い。

段々キレていくギルガメッシュさんとバーサーカーなのに知性を見せ戦うバーサーカー。基本ギルガメッシュは自分以外雑種と思っているし不敬を見せた時には秒で怒り100になるからな……。

 

キレるギルガメッシュを撤退させる時臣。

落ち着いたのもつかの間、バーサーカーがセイバーに襲い掛かる。

このシーンね……バーサーカーの真名知ってるからセイバーに襲い掛かった理由が既に私には分かるのですよ……。

劣勢になるセイバーに畳みかけるようにライダーの追撃が。

ケイネスは確実にセイバーを仕留めるために1vs1の騎士同士の誇りある戦いではなく2vs1のある意味卑怯な、別の意味では合理的な決断を下し令呪がを持ってセイバーを倒せとランサーに命じていた。

戦い方としては100点のケイネス先生。

 

ここで黙っていないのがイスカンダルバーサーカーを引き倒し、ランサーを引かせないとセイバーに加勢する、とのこと。

ケイネスは撤退を選択。イスカンダルもまずはランサーとの因縁を清算して勝ち残った方と戦うことを伝える。

 

こうしてセイバー・ランサー・アーチャー・ライダー・アサシン・バーサーカーの計6体のサーヴァントが一堂に会した(アサシンは偵察だけど)局面が幕を下ろした。

 

実は水晶体から戦いを覗いていたキャスター。

どうやらセイバーを誰かと間違えていたようで…。

個々の陣営は基本自分の欲で動いているから見ていて気持ちは良いけどやっていることは胸糞悪いという矛盾。

 

 

今後どうなるかは詳しく覚えていないからある意味新鮮な気持ちで観れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『薬屋のひとりごと』第13話感想(ネタバレあり)

皆様、おはようございます。こんにちは。こんばんは。

 

アニメもたくさん観たいけどゲームもやりたいと思う今日この頃。

主戦場はポケモンゼルダです。

 

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

2期が始まりOPが変わった。

1期は猫猫と壬氏しか出てこないシンプルなOPだったが2期は他のキャラクターも出演していて尚且つ今クールで描かれるであろう出来事がチラ見せ……。

マンガで先のことを知っているからどのように描かれるのかが楽しみです。

OPの個人的に好きなところは新しい淑妃の登場シーン。

遠くを見つめてチラッとこちらを見る姿が謎多く、謎深くてミステリアスな雰囲気が出ていて。素敵。

 

本編では猫猫の新しい勤め先が判明。前いた玉葉妃の侍女ではなく壬氏の世話役。

こんなはずじゃなかったと猫猫。

けど、壬氏の直属の部下は他の官女達からしてみれば嫉妬の対象で(壬氏の人気ぶりが伺える)。

水晶宮のようなやっかみを受けてしまう猫猫。女の嫉妬は怖い。特に同性に向けられる感情はドロドロしていて現実世界では絶対に関わりたくない。

猫猫は達観していて物事を冷静に見ることができるので、(薬の実験で)傷ついた左腕を見せ「心優しい壬氏様のおかげで傷物の私も生きていける。まさか壬氏様が好き好んで傷物の私をそばに置いていると?そのような趣味があると思っているのですか?」とこの窮地を脱する。一部始終壬氏に見られていてけど。

 

寝起きの色気駄々洩れの壬氏を見ても正気を失わない猫猫。それどころか溢れるにおいを集めれば媚薬ができるのでは?と薬屋脳になる猫猫。ぶれなくて見ていて気持ちがいい。

 

翡翠宮の時よりも政に近いところで働くことになった猫猫は宮中を巻き込む大きな事件の渦に巻き込まれていくんだよね。

 

再び宮中に戻ってくるときに姉ちゃんたちに豪華絢爛にされた猫猫。

めちゃめちゃ綺麗。壬氏もちょっと照れてたし。門番も見惚れてたし。

薬大好き!!じゃなかったら立派な妓女になってたかも……(身長と天からの授かりものは小さいけど……)

 

原作知らない人は今回出てきたキャラクターでモノクルをかけた軍人とやっかみ侍女の中にいた背の高い官女、2人に注目していてください。

 

 

 

 

 

 

 

『薬屋のひとりごと』第12話感想(ネタバレあり)

皆様、おはようございます。こんにちは。こんばんは。

 

以前はデミグラスハンバーグが好きだったのですが、

最近になって和風ハンバーグの良さに気が付き大根おろしとシソをのせて食べることにハマっています。さっぱりしたい。

 

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

突然解雇を告げられた猫猫。風明が処刑されたことに伴って関係者が一掃された影響を思いっきり受けてる。

身売りされた商家が風明の関係者だったらしい。

最初は嫌々で「早く任期終われ」と思っていた猫猫だったけど今の生活はそれほど嫌ではないらしく、できれば解雇しないでほしいと壬氏に直談判するために後宮中を走り回る。

普通の下女や侍女なら壬氏に直談判するなんて考えないから、前から親交がある意味猫猫の特権だよな(笑)

 

けど、言葉足らずの猫猫。

 

猫猫「どんな役でも命じられればやります(なので解雇しないでくれ)」

壬氏「(解雇を命じれば受け入れるということか……)分かった」

の流れから

ナレーション『交渉失敗 猫猫 解雇』は笑ってしまった。

猫猫は解雇されたくない、壬氏は解雇したくないで目的は一致しているはずなのに綺麗なすれ違いが起こってる。かなり滑稽(笑)。

 

その後の明らかにテンションが下がってジメジメしている壬氏も猫猫に会えてテンションが上がっているキラキラ壬氏も良かった。

少し触れたいと詰め寄る壬氏に根負けし「指先だけ」と猫猫。

指先に触れるのかな~と思っていたらまさかの唇。

紅が壬氏の指につきそれを自身の唇に……。

気持ち悪いではなく色気やべぇが感想で出てくるあたり壬氏のずば抜けた容姿の補正がかかっている……。

 

この回が第1クールの最終回だったっぽく最後の方には「この1年色々あったな」と赤子不審死事件→芙蓉妃→園遊会事件→蜂蜜事件と振り返る猫猫の回想が。粋な演出。

 

続けて第2クールで薬屋のひとりごとが観られることに感謝。

 

 

 

 

 

『Fate/Zreo』第4話感想(ネタバレあり)

皆様、おはようございます。こんにちは。こんばんは。

 

暖かくなってきたと思ったら急に寒くなったり体調管理が難しいです。

良く寝て良く食べることを心掛けています。

 

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

セイバーvsランサーの戦い。

お互いがお互いに敬意を表しているのがいいですね。

戦いに身を置いた騎士の感じがたまらなく好きです。

 

セイバーは風王結界(インビジブル・エア)で剣の間合いを隠すのと同時に(エクスカリバーが有名すぎるので)剣の姿も隠す。

これに対しランサーは長槍と短槍の2つを操り切り札がどちらかを惑わせる。

お互い真名も分からないので膠着状態が続いているとランサーのマスターが宝具解放の許可を。

ここから戦局は一気に動き出す。

長槍は魔力を断つ力があり、インビジブル・エアで覆われていた聖剣も露わに。

数度の切り合いで剣幅・剣の長さを把握されてしまう。

ランサーは長槍を構えセイバーに突撃。

セイバーはわざと隙を見せ魔力で生成されている鎧で防ぎ、一撃を与える算段を立てる。

しかし、長槍はセイバーの鎧を貫通しセイバーに傷を負わせる。

ならばと鎧を消すセイバー。

ここの鎧を消すシーンすごく好き。音がパリーンキラキラって感じで綺麗(語彙力)

ランサーの表情も「そうきたか」という感じで。好きなシーン。

2人が剣と槍を交える瞬間、ランサーが落としていた短槍を蹴り上げ手元に。

宝具として開放しセイバーの右腕の腱を切りつける。

ランサーも腕に傷を負うが治癒魔法で処置。

アイリはセイバーに治癒魔法をかけるが一向に傷が治らない。

短槍には呪いがありこれで傷つけられたら傷が治癒しないとのこと。

 

この時点でお互いの真名が割れる。

ランサーはケルト神話のフィオナ騎士団の一人、ディルムッド・オディナ。

右目の泣き黒子は出会った女性を虜にしてしまう呪いがあるとのこと。

セイバーには効かなかったけど。

 

絶体絶命のセイバーに思わぬ助太刀(?)が。

遠くから戦況を見ていたライダーが突っ込んできたのである。

しかも思いっきり真名とクラスを言っちゃってるし聖杯戦争の参加者としてやってはいけないことをしている……。

 

ここで今回の話は終わり。

突っ込んできたライダーがどう場をかき乱すか楽しみ。

 

 

…実はセイバーvsランサーの戦いを暗がりで見ていた切嗣。

両者が戦っている時にマスターを倒そうとしていたが消失したはずのアサシンを見つけ一時待機で戦局を見守ることに。

綺礼と時臣もだけど切嗣も怪しい行動満載。暗躍するそれぞれのキャラにも注目しなくては……。

切嗣がセイバーのことを「可愛い騎士王さん」と言っていたのがセイバーのことをあまり信用していない感じが出ていて寂しいし扱い的には好きではないが声がいいから許す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『Fate/Zreo』第3話感想(ネタバレあり)

皆様、おはようございます。こんにちは。こんばんは。

最近朝活を始めています。

朝活というよりかはただ単純に早起きしてyoutube観てるだけなんですけどね。

けど、朝起きるのは苦にならなくなりました。

今後は自己投資の為の何かをしていきたいです。

 

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

時臣のギルガメッシュに対する王の配下としての振る舞いが100点。

初めて観た時は「威張ってる青年だな」って印象だったけどZEROやSNやUBWのギルを見ると自分が王だという絶対的な自信と経験があるからこそ「この世界は全て俺のもの」なんてことが言えるんだよね。

けど!私の推しのアルトリア・ペンドラゴンをいじめるのでギルは好きになれない……。

生きざまはかっこいいし惚れてるんですけど!賢王ギルは好きです。

 

 

あと!!スーツのセイバーかっこいいんですよ!!

アイリをエスコートして冬木観光。羨ましいぞアイリ。

1日観光を楽しんでいたのにサーヴァントの気配。

どうやら誘っているよう。

乗ってやろうとアイリ。お供しますとセイバー。

アイリの生きざまかっこいいんだよね。優しい口調の中に感じられる意志の強さが感じられる。

次回はセイバーvsランサーの戦い。ここも熱いんですよね……!!!!

 

 

海での「幸福であることに苦痛を感じる」とのアイリの発言。

これ、伏線になってると個人的には感じています覚えておいてください。

 

ライダー陣営は癒し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『薬屋のひとりごと』第11話感想(ネタバレあり)

皆様、おはようございます。こんにちは。こんばんは。

ブログを始めて早2ヵ月?位になりますが、ずっと初期設定だったアイコンを変更いたしました!(拍手)

綺麗な青空だと思います。

……そういえば「快晴」と「晴れ」はどちらも天気がいい日、という印象を受けますが違いがあるのですがご存じでしょうか?

 

 

 

以下ネタバレあり

 

 

猫猫が風明の犯した罪を明らかにしていくシーン。

めちゃめちゃ風明が怖かった。演出上手すぎ。

他のアニメとかでも事件を起こそうとしている犯人の目だけが明るくなる演出あるじゃないですか?(語彙力)

名探偵コナンの犯人みたいな感じの……。

いつも余裕そうな猫猫も冷や汗かいてましたね。

 

罪を認めてからは漫画で見た時よりも感動して泣きそうだった……。

風明が玉のように可愛がっていた阿多妃の子どもを自身の手で殺めてしまったと知った時の気持ちは計りしない……知らなかったとはいえ取り返しのつかないことだし阿多妃を敬愛している風明は自身を許せなかった故の里樹妃殺害を計画した状況。

けど、里樹妃殺害は行き過ぎた忠誠心ではなく、風明が阿多妃からの評価・信頼を失いたくないからという自分の為の計画だと私は感じたなぁ。

 

そして阿多妃と里樹妃の絆。一種の共依存。お互いがお互いの支えになっていて最後の本当の母と子のようなシーン。阿多妃の表情が子どもを慈しむ時のように柔らかい。決してハッピーエンドではないが2人の思いが再び繋がれた瞬間。素敵。

 

そしてそして、任氏様と阿多妃が似ていることに気が付き、阿多妃が「息子がこの手からいなくなってから」と亡くなった者に対する表現ととらえにくい台詞を思い出しある一つの憶測が。

……このアニオリシーンすごく分かりやすかった。

視覚的に子どもの入れ替えがどのように行われていたかが分かる丁寧な演出。

ほんと作りが上手い……(何様)

けど、これは猫猫の推測でしかなく真実はまだ分からない。

 

このあたりの話はアニメではまだやらないかな…